国土計画協会、高速道を利用した観光プランを募集

  • 2017年8月8日

 国土計画協会は1日、高速道路を利用して観光や地域交流の推進を図るプランの募集を開始した。観光協会や温泉旅館組合など公益的団体などが主体となって実施するプランに対して1千万円を上限に支援する。

 支援対象は(1)高速道路と地域が相互に連携を図ることによって、高速道路の利用促進と地域活性化につながる等の事業(2)高速道路のSA、PA、IC、スマートICなどを活用して、利用者および地域住民等の利便向上につながる等の事業(3)SA、PAが設置されない新直轄道路の近隣における「道の駅」やガソリンスタンドなどを活用して、利用者サービスの向上を図る等の事業、など。

 支援事業数は3件程度。支援金は、支援決定後2019年度末までの計画実現を条件として、1件あたり上限1千万円(複数度にわたる事業の1年度の支援金上限額は500万円)。応募期間は10月31日まで。

 16年度の支援団体は次の2件。「江名の町復興推進協議会」=遠洋漁業の衰退、東日本大震災の津波被害により漁港の機能が失われてしまった江名で、地元の「おばちゃま」とライダーのコラボレーションで地域活性化を図る。「西の鯖街道協議会」=二つの国定公園を有し、心身を癒せる資源が豊富な西の鯖街道エリアで、「ふるさと原風景体験の街道」の実現を目指し、体験観光資源のブラッシュアップ、観光情報ツールの整備を図る。

 詳細に関しては国土計画協会総務部TEL03(3511)2180へ。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram