国内旅行消費が5%減 観光庁統計4~6月期

  • 2018年9月3日

 観光庁が22日に発表した旅行・観光消費動向調査の2018年4~6月期の結果(速報値)、日本人の国内旅行消費額は、5兆1315億円で前年同期比5.0%減となった。宿泊旅行、日帰り旅行の両方で延べ旅行者数が減少したことが要因。桜の開花時期の早まり、ゴールデンウイーク(GW)の日並びの悪さ、大阪府北部地震の発生、ガソリン価格の値上がりなどが影響したとみられる。

 日本人の国内旅行消費額を月別に見ると、4月は前年同月比1.0%増の1兆5875億円とプラスだったが、5月は同5.8%減の2兆563億円、6月は同9.5%減の1兆4877億円とマイナスだった。

 4~6月期の国内旅行消費額のうち宿泊旅行は、前年同期比3.2%減の3兆8809億円だった。宿泊旅行は、1人1回当たりの旅行単価が同9.5%増の5万5056円に上昇したが、延べ旅行者数が同11.6%減の7049万人に落ち込んだため、消費額の減少につながった。

 宿泊旅行の月別の消費額は、4月が前年同月比2.3%増の1兆1953億円だったが、5月が同2.8%減の1兆5976億円、6月が同9.2%減の1兆880億円となった。

 一方、日帰り旅行の消費額は、前年同期比10.0%減の1兆2506億円となった。日帰り旅行の1人1回当たりの旅行単価は同5.8%増の1万6234円に上昇したが、延べ旅行者数が同14.9%減の7703万人に落ち込んだことが響いた。

 日帰り旅行の月別の消費額は、4月が前年同月比3.0%減の3922億円、5月が同15.0%減の4587億円、6月が同10.3%減の3997億円だった。

 観光庁の旅行・観光消費動向調査は、住民基本台帳から無作為に抽出した約2万6千人が対象。四半期ごとの旅行動向について同一対象者に年4回のアンケート調査を実施し、全体を推計している。

関連する記事

総務省はこのほど、サービス産業動向調査の10月分速報を公表した。同月の宿泊業(旅館・ホテル、簡易宿所、下宿業)の売上高は4739億7800万円で、前年同月比2.6%減と2カ…

続きを読む

円滑な出入国や滞在環境の整備に充当 外国人、日本人の出国ごとに千円を徴収する国際観光旅客税の徴収が7日に始まった。政府の2019年度予算案には、国際観光旅客税を財源とする…

続きを読む

明けましておめでとうございます。 2019年の新しい年を迎え、謹んで新春のご挨拶を申し上げます。 昨年を振り返りますと、2018年は、観光庁が発足から10周年を迎える…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube