国内宿泊客、前年上回る 旅館協会北海道10月

  • 2020年11月23日

 日本旅館協会北海道支部連合会は10日、宿泊実績調査の10月の結果を発表した=表。対象施設125軒のうち110軒が回答。前年同月比で宿泊人員は15.5%減、売り上げは3.8%減となった。Go Toトラベルキャンペーンによる集客効果で、国内客については前年同月の実績を上回った。

 宿泊人員の月別の前年同月比は、7月が61.9%減、8月が46.8%減、9月が35.2%減で推移していた。

 10月の宿泊人員の内訳は、訪日客は入国制限などが続き前年同月比99.8%減だが、国内客は同3.2%増と大きく持ち直した。

 10月1日からGo Toトラベルキャンペーンに東京都が含まれ、宿泊客が増加。団体や修学旅行の受け入れも増加した。

 回答旅館からは、10月の動向について次のような声が上がった。 

 「前年とあまり変わらない数値にまで回復してきている。Go Toキャンペーンによる効果も大きいと思う」

 「Go Toを絡めた本州からのツアーが急増した」

 「修学旅行生が昔のようにたくさん来てくれるようになった」 

 「例年より全般的にドライブをする車が増えているような気がする」

 「平日はビジネスの連泊利用が増えてきている」

 「Go Toは温泉施設を備えたリゾート系の比較的高価格帯ホテルに流れており、宿泊特化型施設との差が顕著」

 「Go Toにより週末の稼働は上昇したが、平日がさっぱり」

 「北海道の感染者が増加しているのが気になる」

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram