国交省「水の里の旅コンテスト」、最優秀賞に越後湯沢温泉 

  • 2018年12月25日

 国土交通省は、「水の里」(ダム周辺など河川の上流部にあるまちや村)の活性化を図る「“みずのめぐみ”とふれあう水の里の旅コンテスト2018」について、一般部門の最優秀賞と特別賞である「絶景賞」に「越後湯沢温泉観光協会 雪国観光舎 越後湯沢温泉」(新潟県湯沢町、南魚沼市、十日町市、津南町)を選んだ。

 同コンテストは、水の里の観光資源を活用した旅の企画を表彰するもので、2010年から実施している。12月18日、東京・霞が関の同省で表彰式が行われた。

 最優秀賞のテーマは「こころプレミアム 雪国の宝物 雪がもたらす恵みの水を訪ねて 今しか見れない特別観覧インフラと桜・里山料理と美酒のマリアージュ」。雪国観光圏の一部、雪国の恵みと喜びが一番感じられる早春を、視覚や味覚など六感で体験する3日間の旅。

 審査員からは「水の張った春の棚田の風景や竜ヶ窪、雪景色がとても美しく、それら全てが水とつながっている点が素晴らしい」との声が挙がった。

 一方、学生部門では比治山大観光振興ゼミ2年(鳥取県)が最優秀賞と絶景賞を受賞。テーマは「扇ノ山を源とする殿ダムと浦富海岸、『旬』体感ツアー~人と水とが創造する、遊・食・景 その見聞はきっと永遠になる~」。

 インフラツーリズムにつながることや、山の源流から海の下流までを網羅し、食やアクティビティの面でも水の豊かさを体験できる点などが評価された。

関連する記事

国土交通大臣表彰の2019年観光関係功労者の受賞者が15日に発表された。表彰は22日付。受賞者は観光関係事業に功績が顕著な20人。内訳はホテル業関係9人、旅館業関係4人、…

続きを読む

観光庁はこのほど、住宅宿泊事業法(民泊新法)の届け出住宅で事業廃止の届け出が増えていることから調査を実施した。廃止の理由で最も多かったのは、「旅館業または特区民泊へ転用す…

続きを読む

道路事業をめぐる発言で辞任した塚田一郎国土交通副大臣の後任として、5日、牧野たかお参院議員が国交副大臣に就任した。観光、航空、港湾、海事などの関係施策の総括を担当する。復…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube