国交省「かわまちづくり」計画、新たに16ヵ所登録

  • 2020年3月26日

 水辺を生かして地域のにぎわい創出を目指す「かわまちづくり」を推進している国土交通省は13日、新たに全国16カ所の「かわまちづくり」計画を登録した。これで登録件数は229カ所となった。親水護岸整備やオープンカフェ設置などソフト・ハード両面でまちづくりと一体となった河川整備を支援する。観光振興にも役立てる。

 函館市の松倉川下流部は年間100万人ほどが宿泊する湯の川温泉街があり、河口部では「湯の川温泉花火大会」など地域のイベントに利用されている。近接する熱帯植物園には多くの市民や観光客が訪れている。

 「松倉川かわまちづくり」計画では、川下流部に親水護岸を整備し、水辺へのアクセスや景観の向上、河川管理用道路の整備により、多彩なイベント開催の場を提供することで温泉街のにぎわいを再生。また、同道路を活用して周辺観光施設との周遊性を向上させ、外国語表記の案内看板や誘導サインを設置することでインバウンドを含む観光客の増大を図る。

 福島県玉川村の乙字ケ滝は日本の滝百選に選ばれている名勝。「玉川村乙字ケ滝かわまちづくり」計画では国が2024年度までに河川管理用道路や親水護岸、村が25年度までに広場やサイクリング休憩所、複合型水辺施設などを整備する。村はにぎわい創出につながるイベントやカヌー体験の実施などソフト施策も展開する。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube