国交省、人流データ活用モデル事業公募

  • 2021年4月28日

 国土交通省は19日、人がいつどこに何人いるのかを示す人流データを活用した地域課題解決モデル事業の実施地域の公募を始めた。人流データは観光やまちづくり、防災などの分野で利活用が期待される。地方公共団体と民間事業者が協働してデータを取得・活用する取り組みを支援する。応募は5月24日まで。

 応募できる主体は、地方公共団体(市区町村)▽地方公共団体や民間事業者を構成員に含む協議会など▽地方公共団体と事業に関して連携協定などを結んでいる民間事業者など―のいずれか。

 1件当たり1500万円を上限に、申請に基づき予算の範囲内で経費を支援する。5~6団体程度を採択する予定。

 募集要領などは、国交省のホームページに掲載されている。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram