固定資産税減免措置、申請期限は1月末

  • 2021年1月8日

 新型コロナウイルスの影響で収入が減少した中小企業への固定資産税、都市計画税の減免措置について、事業者から自治体への申請期限が1月末となっている。全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連)は、申請期限を過ぎると減免措置が受けられなくなるとして、組合員旅館ホテルに同期限を周知するよう都道府県旅館ホテル組合理事長に呼び掛けている。

 減免措置は、事業者が保有する建物や設備にかかる2021年度の固定資産税と都市計画税について、2020年2月から10月までの任意の連続する3カ月間で、事業収入が前年同期比で50%以上減少の場合は全額、30%以上50%未満減少の場合は2分の1が免除される。

 申請は対象設備が所在する市町村に、各自治体が定める申告書の提出により行う。詳細は中小企業庁のホームページに掲載している。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram