善光寺、「御開帳」期間を1ヵ月延長 

  • 2022年1月2日

「御開帳は地域活性化の起爆剤」と話す奉賛会の北村会長(左から2人目)

コロナ対策を徹底

 2022年4月、善光寺(長野市)で「御開帳」が行われるが、このほど東京・丸の内の東京商工会議所で寺や奉賛会関係者が会見した。実施期間を延長すると共に、コロナ対策に万全を期すことを強調、「多くの人に楽しんでもらいたい」と呼び掛けた。

 御開帳は数えで7年に一度、本尊の身代わりとされる仏像の「前立本尊」を公開する行事。本来、21年に行われる予定だったが、コロナ禍の影響で1年延期。今回は感染防止対策として参拝者を分散させるため、期間を通常より1カ月延長し、4月3日から6月29日までとすると説明した。

 前回、15年に行われた際は、北陸新幹線金沢延伸の追い風もあり、これまでで最も多い707万人が訪れた。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram