商船三井客船、にっぽん丸を大改造、来春就航

  • 2009年9月30日

新にっぽん丸のイメージ

新にっぽん丸のイメージ

商船三井客船(萩原節泰社長)は28日、東京・六本木のザ・リッツ・カールトン東京で開いた記者会見で、外航クルーズ客船「にっぽん丸」をリニューアルし、来年3月に再就航すると発表した。新にっぽん丸は「大人の贅沢な時間」をテーマとしており、「リタイヤした60歳以上の方をメーンターゲット」(萩原社長)に据えた。デビュー航海は3月の伊豆諸島周遊クルーズ(3日間)となる。

 新にっぽん丸は全長166.6メートル、全幅24メートルで総客室数は202、最大船客定員は523人。総トン数は未定だが、現在のにっぽん丸(約2万2千トン)よりは大きくなる予定。総事業費は明らかにしていないが、数十億円規模となる。

 あいさつした萩原社長は「2020年には2人に1人が50歳以上になる。かつての大人よりアグレッシブな世代であり、これらの方々に大人のレジャー体験をしてもらうために大改装に踏み切った」と強調した。

 船内では高級スパブランド、テラケのサービスが受けられるようにした。テラケは世界85カ国でタラソテラピーを展開するタルゴが開発したブランドで、ホテルなどでも採用されているが「日本船では初めて」(岡地隆常務)という。

 また、ソムリエの田崎真也氏が監修するワインコレクションセラーを用意するほか、テーブルコーディネートは第一人者のクニエダヤスコさんが演出する。田崎氏は「船旅の中で食は非常に大きなウエートを占める。楽しい時間、空間を提供したい」と抱負を述べた。

 新にっぽん丸の料金について、萩原社長は「1室1人1泊で4万円からで、上は20万円とした。ターゲットはあくまでもスモール&ラグジュアリーであり、料金もそれに見合ったものになる」との見解を示した。

 新にっぽん丸は3月21日に横浜港で就航イベントを行い、26日から伊豆諸島周遊クルーズに出航する。旅行代金は8万5千円からで、最高はグランドスイート利用の40万円。5月には51日間の太平洋一周クルーズを行う。

新にっぽん丸のイメージ
新にっぽん丸のイメージ

関連する記事

シンガポール航空は、エアバスA350-900中距離仕様を大阪・シンガポール路線に導入した。 シンガポール航空日本支社(東京都千代田区、日本支社長ウォン・テックフイ)は、2…

続きを読む

メキシコで近年人気急上昇中の観光地、グアナファト州から州観光大臣のテレサ・マタモロス氏が来日し、10月30日に旅行会社を対象とした観光セミナーを帝国ホテル東京で開いた=写…

続きを読む

ホテル日航福岡は、1日限り「シェフパティシエ 渡辺拓志のスペシャルランチ」を11月19日に開催する。 ホテル日航福岡(福岡市博多区、総支配人:大月照雄) 2階 テーマレス…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube