商工会議所、神戸で観光振興大会

  • 2009年11月28日

約1700人が参加した観光振興大会(20日)

約1700人が参加した観光振興大会(20日)

 「全国商工会議所観光振興大会2009in神戸」が20〜22日、神戸市の神戸ポートピアホテルを本会場に開催された。主催は日本商工会議所(岡村正会頭)と神戸商工会議所(水越浩士会頭)。同大会は04年から開かれており、今年で6回目。商工会議所会員の観光に対する意識改革と普及活動を図り、まちづくり運動の一環として観光振興を推進することが目的。全国の商工会議所の役職員、観光関連の会員など約1700人が参加した。

 今回のテーマは「デザイン都市づくりと生活文化体験型観光の推進」。神戸は08年10月にアジアの都市で初めて、ユネスコ「デザイン都市」に認定されており、まちの魅力を高めるための新しい都市戦略として「デザイン都市・神戸」を掲げ、まちづくりや産業の振興などに取り組んでいる。

 大会ではデザインの視点からまちの資源や魅力を見直し、まちの魅力そのものを感じてもらう「体験型観光」のあり方について検討した。

 初日20日の本大会、日商報告では、「商工会議所の観光事業の取り組みと今後の方向性」として須田寛・観光専門委員長が登壇。日商が調査した、各地の商工会議所における観光振興事業の傾向と今後の方向性を説明した。各地商工会議所が実施する観光振興事業をみると、文化財、伝統芸能、イベントなどを観光資源とする従来型のものが多い一方で、産業観光などをはじめとするニューツーリズムへの取り組みも活性化していると報告。今後は、インバウンドや、広域連携への取り組みが望まれるとまとめた。

 基調講演では、西川りゅうじん・マーケティングコンサルタントが「デザイン力による『地域“イキイキ化”戦略』」をテーマに話した。このほかパネルディスカッションや分科会、兵庫県内のエクスカーションを通して神戸が発信する新たな観光振興のあり方を学んだ。

 次回開催地は青森県。11年2月3、4日に開催される。

約1700人が参加した観光振興大会(20日)
約1700人が参加した観光振興大会(20日)

関連する記事

長野県阿智村は、「天空の楽園 Winter Night TourSeason2019」を開催する。 長野県阿智村のスタービレッジ阿智誘客促進協議会(会長:熊谷秀樹(阿智…

続きを読む

中部国際空港は7日、「中部地域観光セミナーin仙台」を開催した。 中部国際空港セントレア(所在地:愛知県常滑市以下:セントレア)は2019年8月8日よりエアアジア・ジ…

続きを読む

明石観光協会は、「明石の鮨」クーポンを11月24日「和食の日」に発売にする。 一般社団法人明石観光協会は、豊かな海の幸に恵まれた兵庫県明石市内の11店舗で使える明石の鮨ク…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube