和歌山大と南海商事、熊野古道の商品造成へ

  • 2011年5月28日

 和歌山大は19日、南海グループの南海商事と共同で、世界遺産・熊野古道周辺の旅行商品造成に取り組むと発表した。和歌山県も協力。6月をめどに学生が旅行会社にプランを提案する方針だ。

 南海商事が運営する古道歩き体験施設「古道歩きの里ちかつゆ」(田辺市)とその周辺地域を和歌山大観光学部の学生(約20人)が視察、熊野古道の魅力を調べるとともに、南海商事のスタッフと意見交換しながら、ちかつゆを経由したプランを造る。

 和歌山大は「旅行の企画体験を通じて、学生にマーケティングや経営の知識を学んでもらう」としている。南海商事は、学生の視点から熊野古道の魅力を再発見してもらい、周辺の活性化につなげる。旅行商品に決まった際の旅行会社との調整は南海商事が行う。

 和歌山大は8月に韓国で開かれる、日中韓を中心とする観光学者の国際会議「東北亜観光学会」に参加し、造成した旅行プランを発表する。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら