台湾観光協会、「2019台湾観光セミナー・ワークショップ」開催

  • 2019年9月10日

商談が繰り広げられたワークショップ

 台湾観光局、台湾観光協会東京事務所は8月23日、日本の旅行会社を招いて「2019台湾観光セミナー・ワークショップin東京」を東京都千代田区のパレスホテル東京で開いた。台湾の自治体や旅行会社、ホテル、観光文化施設など23社が来日、出展した。

 観光セミナーでは、日本人訪台者数の推移について発表。2019年の1~7月累計が、前年比8.8%増の112万4768人。18年の訪台日本人旅客の属性では、07年に男性62.4%、女性37.6%だった比率が、18年には男性55%、女性45%となり、10年間で女性比率が7.4ポイント上がったと説明した。

 台湾交通部観光局が行っているグローバルプロモーション計画については、「2018年海湾観光年(海洋観光)」「2019年スローシティ旅行年(スローシティ観光)」「2020年脊梁山脈(山岳)観光年(登山観光・ハイキング・トレイル)」「2021年自転車旅行年」「2022年鉄道旅行年」と発表した。

 日本の高校の17年度海外修学旅行先ランキングのデータも全国修学旅行研究協会の統計を基に紹介。1位は台湾で325校・5万3940人だった。以下は2位米国(198校・2万4979人※ハワイ・グアム含む)、3位シンガポール(184校・2万5421人)、4位オーストラリア(150校・2万1305人)、5位マレーシア(113校、1万5850人)。

 ワークショップでは、23のテーブルブースを設け、情報提供・商談会を実施した。


商談が繰り広げられたワークショップ

関連する記事

ステイウェイは、旅行情報の収集方法と宿泊予約の意思決定の年代別調査の結果を発表した。 実名型旅メディア「Stayway(以下、ステイウェイ)」を運営する株式会社Stayw…

続きを読む

成田国際空港は12日、「成田空港のプラスチック・スマート」宣言 の内容を発表した。 近年、海洋プラスチック汚染が世界的に大きな問題となり、国内でも環境省が立ち上げた「プラ…

続きを読む

JALは、電子フライトログ・整備記録の運用を開始した。 JALは、運航乗務員、客室乗務員、整備士などが航空機の飛行情報や不具合修復状況を記載する、搭載用航空日誌(フライト…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube