台北国際旅行博に日本から49団体出展 19万人超が来場

  • 2022年12月5日

日本ゾーンを訪れ、関係者との記念撮影に応じる蔡総統(中央)

 日本観光振興協会によると、11月4~7日に台湾・台北市で開催された「台北国際旅行博(ITF2022)」は、日本からの出展は49団体・73ブースで、会期中の入場者数は日台双方の水際対策緩和もあり、前年比72%増の19万5366人だった。

 主催は台湾観光協会。オープニングセレモニーには蔡英文総統が出席。日本ゾーンに立ち寄り、日観振の皆見薫常務理事から千葉県のキャラクター、チーバくん人形を贈られ、記念撮影にも応じた。

 日本からの出展者は3年ぶりに訪台し、ブースを運営。来場者の訪日旅行に関する質問に丁寧に対応していた。日観振は「台湾における国内外の旅行に対する熱い期待が感じられた」としている。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram