友好都市在住者は宿泊10%引き みなかみ町が集客企画

  • 2018年9月12日

 群馬県のみなかみ町観光協会は、友好都市に住んでる人が町の宿泊施設や観光農園などを利用すると10%割り引く企画を実施している。これまでも行っていたが、浸透度がいま一つなため、チラシ=写真=を作り、改めてアピールしている。

 「友好都市特別企画『友割10%引き』」は、友好都市である茨城県取手市、埼玉県さいたま市、同伊奈町、東京都中野区と三宅村の住民が対象で、10%割り引きをアピールし、町に足を運んでもらうのが狙い。

 宿泊施設は金盛館せゝらぎや辰巳館、長寿館など27軒のほか、アウトドア施設4軒、観光農園35軒が企画に賛同している。協会は「友好都市の住民であることを施設に伝えて利用して」と呼び掛けている。

関連する記事

日本観光振興協会中部支部と名古屋商工会議所は12月9日、名古屋市で「醸造文化を愉(たの)しもう」をテーマに、産業観光フォーラムを開催する。参加費無料で、定員150人になり…

続きを読む

埼玉県草加市は11日、草加市アニメ主題歌「心が帰る場所」の無料ダウンロードを開始した。 草加市制60周年を記念して昨年2018年に制作した記念アニメ『きみの待つ未来へ』の…

続きを読む

日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)はこのほど、愛知県内の5大学の大学生が考案したドライブ観光コースを審査するコンテストを名古屋市の同支部で初開催した。最優…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube