十和田奥入瀬観光機構、運賃無料「十和田湖ナイトシャトルバス」を12月12日まで運行

  • 2021年11月20日

 十和田奥入瀬観光機構は、運賃無料の「十和田湖ナイトシャトルバス」を12月12日まで運行する。

 一般社団法人十和田奥入瀬観光機構(理事長:小野田金司)は、焼山エリア・西湖畔エリアからイベント会場を結ぶ、運賃無料『十和田湖ナイトシャトルバス』の運行を、2021年12月12日(日)まで実施します。この無料シャトルバスは、事前予約制となっており、どなたでもご利用することができます。
また、シャトルバスの運行に併せて今回特別に企画したオプショナルツアー「神秘の森 十和田湖 ナイトウォークツアー」を開催します。

  • 運賃無料『十和田湖ナイトシャトルバス』について

十和田湖ナイトシャトルバスの運行は、オプショナルツアー『ナイトウォークツアー』の参加者等が利用できるほか、周辺ホテル・旅館の宿泊者などナイトウォークツアー参加者以外の乗車も可能とし、国立公園のナイトタイムエコノミーを推進するための二次交通として実証運行を行います。

■焼山エリア停留所■
・奥入瀬 森のホテル
・奥入瀬渓流温泉
・星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

■西湖畔エリア停留所■
・十和田プリンスホテル
・十和田ホテル

■スケジュール■
焼山エリア
11月(11/1~11/23)、12月(12/4、5、11、12)
西湖畔エリア
11月(11/1~11/7)

詳しくはこちら≫https://www.towada.travel/ja/news-events/lake-towada-night-shuttle-bus

 

 

  • 【特別企画】神秘の森 十和田湖ナイトウォークツアー

このツアーは、十和田湖で語り継がれる「十和田湖伝説」の世界を、専門のガイドが案内するナイトウォークツアーです。十和田湖休屋で開催中の『カミのすむ山十和田湖 FeStA LuCe 2021-2022』を是非、ガイドの解説と併せてお楽しみください。

【開催概要】
■開催日:11月7日、14日,21日
■時 間:20:00~20:50
■定 員:各回限定 10名
■集合場所:信州屋 1階(住所:青森県十和田市奥瀬十和田湖畔休屋16)
■集合時間:20:00
■参加料:500円/人
■参加方法:事前予約制

お申込みフォームはこちら≫https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSehf8KV4_661mWIodS3g7qsH8yL2tw_detXS-x0RDEJjCPINQ/viewform
◆カミのすむ山 十和田湖 FeStA LuCe 2021-2022◆
「カミのすむ⼭ ⼗和⽥湖 フェスタ・ルーチェ」は、十和田湖休屋で開催中のイルミネーションイベントです。
昨年の冬、新型コロナ対策をした新しいイベントとして登場し、14,303⼈の皆様に安全に楽しんでいただきました。
今年度は、昨年と同様にコロナ対策を万全にし、会期を延長し10月21日(木)~11月23日(火・祝)までを『第1章光の紅葉物語』、12月4日(土)~2月20日(日)までを『第2章光の冬物語』とし、2期に分け開催するほか、12月から2月にかけての土日祝日には、冬花火の打ち上げイベントも企画しています。

詳しくはこちら≫https://festaluce.jp/aomori/

 

  • 背景

十和田八幡平国立公園では、冬季の閑散期における宿泊客の増加が大きな課題です。観光の平準化を目指し、閑散期には集客につながる多様なナイトタイムコンテンツを展開していますが、旅行者にとっては二次交通が大きな課題です。特に、個人旅行者にとっては「夜間の移動は不安がある」といった声があります。

  • 目的

⼗和⽥⼋幡平国⽴公園は環境省が推進する「国⽴公園満喫プロジェクト」のモデル地区として選定された全国11つの国 ⽴公園の1つです。山、森、湖、渓流、温泉と豊かな自然資源に恵まれ、心身のリフレッシュと共に、多種多様なアクティビティプログラムを提供できる基盤があります。
しかし、コロナウイルスの蔓延により観光客は減ってきており、非常に厳しい状況に立たされております。特に十和田湖畔地区の宿泊者の減少が著しく、宿泊者増に向けた施策はまったなしの状況です。
一方で「三密を避けたいニーズ」「都心で働かなくても良いニーズ」は確実に生まれてきており、十和田八幡平国立公園の自然を活かした、三密を避けて楽しめるアクティビティの開発・磨き上げ・情報発信を行いつつ、課題である二次交通の実証運行及び、国立公園のナイトタイムエコノミーを推進するオプショナルツアーの実施等、アフターコロナに向けた滞在型ツアー推進の基盤を、本事業(※)を通じて構築することを目的としています。

※環境省 令和2年度(補正予算)国立公園・温泉地等での滞在型ツアー推進事業費「国立・国定公園での閑散期の二次交通強化事業」です。

 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら