北海道観光推進機構、会長に小金澤氏選出 

  • 2022年7月15日

会長に就任した小金澤健司氏

 北海道観光振興機構(587会員)は6月27日、2022年度通常総会を札幌市内のホテルで開き、任期満了による役員改選で、1期2年間会長を務めた小磯修二氏(北海道大客員教授)の後任に小金澤健司氏(アイティ・コミュニケーションズ会長)を選出し、副会長に新任2人を含む13人、理事らに新任8人を含む30人を選任した。

 新会長の小金澤氏は、「北海道経済を支えるリーディング産業である観光の先導役として全力で取り組む。観光の回復には強力な需要喚起が必要なので、Go Toトラベルの一刻も早い再開やインバウンド枠の拡大を国に強く要望するとともに、私自身も先頭に立って国内外へのプロモーション活動を進めたい」と決意を表明。

 また、変化する環境に柔軟に対応した活動が求められていることから、機構の組織・事業の見直しに向けて外部有識者によるプロジェクトチーム(PT)を設置する考えも示した。

 退任する小磯会長は、「在任中はコロナ禍で先行きが全く見通せない厳しい状況ではあったが、財源確保に努めながら、各種事業の推進や疲弊する観光業界の支援に向けた取り組みを進めることができた」と振り返り、この間の会員の協力に謝意を表した。

 小金澤氏は名古屋市出身で62歳。名古屋芸術大を中退後、東京で貿易会社などに勤務。2000年に札幌でコールセンターを運営するアイティ・コミュニケーションズを設立し、16年に会長に就任。食や観光に関するマーケティング調査や道産品を輸出する会社も経営している。

 22年度の事業計画については、引き続きコロナ禍からの観光回復に向けて、国・道と連携した情報発信や誘客活動に全力を挙げることを確認。地域の魅力ある観光地づくりに向けた人材育成、商品開発、基盤整備への支援や国内外への戦略的プロモーションの実施、AT世界サミットに向けた魅力発信の事業などを推進することとし、これらに要する事業予算20億6600万円(前年度当初比11・2%増)を承認した。

 総会は、3年ぶりに出席者数を限定しない通常型で開催。役員、会員ら約220人が出席した。

 新役員体制は次の通り(敬称略)。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram