北海道観光振興機構の中学教育旅行誘致、東北と相互送客拡大へ

  • 2018年9月8日

北海道と東北の教育旅行の相互送客を啓発するポスター

 北海道観光振興機構は、北海道道新幹線の開業で移動時間が短縮された東北地方との中学校教育旅行の相互送客の拡大に向け、これから旅行先が決まる2020年度の教育旅行をターゲットにして積極的な取り組みを進めている。

 7月に東北との相互送客を啓発するポスターを作成。北海道と東北の自然景観や観光名所を掲載し、「新幹線で行く教育旅行―見る・知る・学ぶ―北海道(東北)」の文字を白抜きで配したデザイン。東北・北海道新幹線沿線の自治体や観光協会、JR駅などでの掲出を始めた。

 7月下旬には、仙台、山形、盛岡、郡山(福島県)の東北各地で旅行会社や学校関係者を対象とした説明会を開催。8月上旬には、東北の関係者を新幹線で招き、函館や道南各地を視察する研修会を実施した。8月末から9月にかけては、北海道観光振興機構の担当者が東北各地の学校を訪問する活動も行う。

 また、東北観光推進機構と連携し、相互送客に向けた意見交換会を実施する。道内での説明会やPR活動にも協力する。

 2016年3月の北海道新幹線開業で、函館と仙台は最速2時間半、盛岡とは1時間50分に移動時間が短縮された。しかし、全国修学旅行研究協会の調査によると、北海道の中学校の約40%が東北を旅行先としているのに対し、東北から北海道への旅行は1%程度にとどまっている。
 北海道観光振興機構では、「道新幹線による時間短縮効果や道内の受け入れ態勢をしっかり説明し、相互送客の拡大につなげたい」として、東北各地への働き掛けを強化している。


北海道と東北の教育旅行の相互送客を啓発するポスター

関連する記事

岐阜県がこのほど発表した2017(平成29)年の観光入込数は7104万8千人で、前年比1.5%減だった。「天候に恵まれず、特に夏休みや行楽シーズンに雨や台風が多かったこと…

続きを読む

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の政府間委員会は11月29日、日本の「来訪神:仮面・仮装の神々」の無形文化遺産登録を決めた。2009年に登録された「甑(こしき)島のトシド…

続きを読む

大分県、エアビーアンドビー・ジャパン、ANA(全日本空輸)はこのほど、観光振興に関する提携について覚書を締結した。大分県のさまざまな魅力を国内外に発信し、協働して観光客の…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube