北海道と阪急交通社 地域活性で包括連携

  • 2022年12月18日

鈴木直道知事(左)と阪急交通の酒井淳社長

 北海道と阪急交通社は11月30日、観光振興による地域活性化などを目的に、包括連携協定を結んだ。同社によると、道と旅行会社の包括連携協定締結は今回が初めて。

 今回の協定で、1次産業の支援となる農業体験ツアーの開発やワーケーションによる観光振興のほか、通信販売や物産展における道産商品の魅力発信・販売プロモーションを推進する。

 また、災害発生時の社員ボランティアの派遣や環境保全のためのバイオトイレの寄贈も検討する。

 同社は、「これまで培った地域振興のノウハウや全国の営業拠点のネットワークを有効活用することで、将来にわたり安全安心で心豊かに住み続けることができる活力ある地域社会となるよう取り組んでいく」と話している。


鈴木直道知事(左)と阪急交通の酒井淳社長

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram