創作料理展で68作品が入賞 伊勢志摩キャンペーン

  • 2008年12月13日

地場の食材を生かした料理が出品された

地場の食材を生かした料理が出品された

 「伊勢志摩キャンペーン2008創作料理展in鳥羽」が11月24日、三重県鳥羽市の鳥羽商工会議所で行われた。来年3月末日まで展開されている伊勢志摩キャンペーンの一環。知事賞に13の賞、特別賞を14の賞を設け、審査の結果、計68作品が入賞した。

 創作料理展の目的は、(1)伊勢志摩の旬の食材を観光客に手軽に味わってもらえるようなメニューの発掘(2)観光地としての知名度アップ(3)高校生や一般からの参加を募ることで「旬の素材を使った伊勢志摩弁当」創出(4)一般・高校生とプロの調理師との交流、意見交換による人材育成──など。

 調理人部門では、旅館・ホテルなど34事業者から、追加料理(2千円、3千円)、郷土料理、自由出展の4分野に約90点が出展された。一般・高校生部門の弁当部門には約50点が並んだ。

 伊勢志摩地域を代表する伊勢エビや牡蠣のほか、一般にあまり知られていない志摩産アオサなどさまざまな食材が使われた。各旅館の調理人らが、ひと目で伊勢志摩と感じられるような演出や盛り付け、器などに工夫を凝らした。

 追加料理部門の入賞作品は、レシピが公開されるほか、伊勢志摩地域のキャンペーン協賛旅館・ホテルで、来年1月から3月まで販売される。一般・高校生部門の応募作品で入賞した弁当の中から選ばれたメニューは東海地域のサークルKサンクスの対象店舗で来年1月から3月まで販売される予定。

 県知事賞のうち、調理人部門の受賞者は次の通り(敬称略)。

追加料理・2千円
「するめ烏賊姿焼き肝ソース添え 安楽島牡蠣三色焼」岩城和也(鳥羽ビューホテル)

追加料理・3千円
「鮪 大漁 ハリハリ鍋」古田勝徳(戸田家)

自由出展
「御吸物十二ヶ月」木場裕郎(戸田家)▽郷土料理「秋の伊勢志摩散策」中山直紀(鳥羽ビューホテル)

地場の食材を生かした料理が出品された
地場の食材を生かした料理が出品された
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram