出入国在留管理庁、特定技能 宿泊業で初の許可 

  • 2019年9月11日

ベトナム人、奈良県で就労へ

 外国人の就労拡大を目的として今年4月に創設された新たな在留資格「特定技能1号」で、宿泊業で初めてとなる許可事例が誕生した。出入国在留管理庁は8月28日、ベトナム人1人に留学からの在留資格の変更を許可した。

 観光庁によると、就労先は奈良県内の宿泊施設。今年4月に初めて実施された宿泊業技能測定試験に合格していた。

 宿泊業での特定技能外国人は、旅館・ホテル営業の施設で、フロント、企画・広報、接客、レストランサービスなどに従事できる。人手不足が深刻化する中、新制度の活用が期待されている。

関連する記事

外国人材受け入れ求人サイトへの登録呼びかけ 全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連、多田計介会長)は8月26日、東京の都道府県会館で常務理事・理事合同研修会を開き、…

続きを読む

国土交通省は8月26、27日、「北海道ガーデン街道」10周年記念事業としてガーデンツーリズムの先進事例を紹介する「ガーデンツーリズムセミナー」を帯広市の北海道ホテルで開催…

続きを読む

総務省はこのほど、サービス産業動向調査の6月分(速報)を公表した。同月の宿泊業(旅館・ホテル、簡易宿所、下宿業)の売上高は前年同月比0.7%増の4059億4200万円と、…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube