公益財団法人日本交通公社、「旅行年報」発行 ホームページで公開

  • 2020年11月27日

「旅行年報2020」の表紙

 公益財団法人日本交通公社は、各種統計資料や独自調査の結果をもとに旅行・観光市場の動向を解説したレポート「旅行年報2020」を発行し、10月23日に同財団のホームページで公開した。2019年(度)のデータを用いて、「日本人の旅行市場」や「訪日外国人旅行」「観光産業」「観光地」「観光政策」の各編に分けて、それぞれの動向を概観している。

 同年報によると、19年の日本人の国内宿泊旅行者数は前年比7.1%増の3億1163万人となり、17年からの減少傾向に歯止めがかかったものの、15、16年の水準には戻っていない。「ゴールデンウイークの日並びの良さが旅行需要を後押しした一方で、晩夏から秋季にかけて相次いだ自然災害や、10月からの消費税率の引き上げが需要を停滞させた」と分析する。

 19年の訪日外国人旅行者数は前年比2.2%増の3188万人で、旅行中に日本国内で支払う総消費額は4.8兆円と最高額を更新した。この額は、日本人旅行者を含めた日本国内での旅行消費額27.9兆円の17.2%を占める。

 冒頭ではコロナ禍での旅行の動向についても触れ、独自調査の結果から、「今後の旅行需要は旅行先では細心の感染予防行動をとりつつ、当面はこれまで同様の意識、意向のもとで、感染状況の良化に応じて変動する」との見方を示した。


「旅行年報2020」の表紙

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram