全日本シティホテル連盟12月、客室稼働率は46%

  • 2021年2月4日

 全日本シティホテル連盟が1月8日に発表した会員ホテルの12月の全国平均客室利用率は45.9%で、前年同月比32.2ポイント減となった=表。

 昨秋はGo Toトラベルキャンペーンの効果により稼働はかなり回復したものの、同キャンペーンの停止が宣言され、キャンセルが続出。「急激な稼働の低下と販売単価の値下がりで、どこを見ても光が見いだせない状況。ビジネスや工事関連、地域によっては受験生など、限られた客層をどう集客するか、各会員施設の苦労は計り知れない。コロナウイルスの再拡大に備え、引き続き万全の感染症対策をお願いしたい」とJCHA。

 調査は238会員ホテルのうち136軒から回答を得た。

 地域別での利用率のトップは67.2%の北陸。次いで、58.7%の東北、58.4%の九州。

 利用率が低かった地域は、27.6%の中国、36.9%の四国、37.0%の近畿など。

 前年同月比で利用率が上がった地域は、全てが悪く、該当はない。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram