全旅連青年部、第1回「宿フェス」延期 全国大会、旅館甲子園は2月

  • 2020年6月4日

 全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連)青年部(鈴木治彦部長=岡山県・奥津荘)はこのほど、令和2年度定時総会を書面で行った。今年8月に開催を予定していた第1回「宿フェス」の延期と、第25回青年部全国大会、第5回「旅館甲子園」の来年2月の実施を確認。その他の事業計画、収支予算案も承認した。

 総会は4月15日、東京都内で開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で異例の書面となった。議決権を持つ青年部の47都道府県部長らに5月17日までに審議事項を配信。19日までに回答を募ったところ、全ての議案について賛成多数で可決承認された。

 宿フェスは47都道府県がPRブースを設け、「地域の魅力、業界の魅力を地域、国民、世界の人々に大々的にPRするイベント」(鈴木部長)。東京オリンピック・パラリンピック開催期間の今年8月29、30日、東京都台東区の上野恩賜公園で開催を予定していた。ただ、オリ・パラの1年の延期が決定。コロナ禍自体も収束せず、「全県そろっての開催が難しい」と当初のスケジュールでの開催を断念した。

 新たな開催時期について鈴木部長は「宿フェスは中止ではない。来年の東京オリ・パラの時期に向けて、新たな準備を進める」とした。

 隔年事業の青年部全国大会と旅館甲子園は当初の予定通り来年2月17、18日、「国際ホテル・レストラン・ショー」(日本能率協会など主催)の開催会場の東京ビッグサイト(東京都江東区)で行う。東京オリ・パラの1年延期で会場の使用確約が現時点で取れていないが、「9割9分間違いないとの情報を得ている」という。

 鈴木部長は動画投稿サイトで自らの所信を公開。「新型コロナウイルス関連の青年部の活動、さまざまな情報を青年部のホームページに掲載している。情報を青年部のみならず、各地域、全旅連に入っていない皆さまにも広めてもらい、1軒でも多くの旅館・ホテルが青年部のおかげで助かった、と言っていただけるようにしたい」と述べた。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram