全旅連青年部、学観連と今年も協定 インターン事業など実施

  • 2022年5月7日

全旅連青年部と学観連のメンバーによる記念撮影(前列右が星部長、左が佐藤代表)

 全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連)青年部(星永重部長=福島県・藤龍館)は4月18日、東京の全国旅館会館で日本学生観光連盟(学観連)とのサポーター協定調印式を行った。インターンシップ受け入れなど、かねて進めてきた学観連の活動への協力を今年度も継続するとともに、学生に宿泊業界の魅力をアピールする。

 全旅連青年部と学観連の協定は2011年から毎年行っている。「若旦那・若女将密着体験プロジェクト」の名称で、学生を受け入れるインターンシップ事業を実施。前回は今年3月に岩手県宮古市で行い、3施設が2泊3日で17人の学生を受け入れた。今年度も場所は未定ながら9月の実施が決まっている。

 星部長は「フレッシュな大学生との交流はわれわれにとっても刺激になる。若い世代ならではの知識と感性をわれわれに与えていただきたい」とあいさつ。

 学観連の令和4年度代表を務める佐藤美結花さん(桜美林大学3年)は「コロナ禍で連盟活動も試行錯誤をしているが、対面で活動できる体験プロジェクトを開催していただきありがたい。レベルアップできるよう精進したい」と述べた。

 学観連の顧問を務める杏林大学の小堀貴亮教授は「これからの観光を担う学生と社会をつなぐ貴重な機会」と事業の重要性を述べた。


全旅連青年部と学観連のメンバーによる記念撮影(前列右が星部長、左が佐藤代表)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram