全旅連シルバースター部会、ネットで誘客促進

  • 2009年7月11日

続投が決まった野澤部会長。施設事故防止管理マニュアルの積極的活用を訴えた

続投が決まった野澤部会長。施設事故防止管理マニュアルの積極的活用を訴えた

 全国旅館生活衛生同業組合連合会(全旅連)のシルバースター部会(野澤幸司部会長=新潟県・ホテル小柳)は2日、東京の都道府県会館で21年度総代会を開き、インターネットを活用した集客事業の推進や、1千軒を目標とした登録施設の拡大を図るとした今年度事業計画を承認した。2年間の任期満了に伴う役員改選では野澤部会長を再選した。

 シルバースター部会は、高齢者や障害者などの利用に配慮した「人に優しい宿」の普及を目指す組織。ハード、ソフト両面で一定の条件をクリアした宿を「シルバースター登録施設」に認定している。同日現在の登録施設は943軒。かつて1千軒を突破したが、施設の廃業などで再び1千軒を割り込んでいる。

 部会では当面の登録目標を1千軒に置き、47の都道府県旅館組合ごとに目標値を設定するなどして、大台の再突破を目指す。

 また登録施設へのメリットとして、施設への集客事業を推進する。今年6月には楽天トラベルが「人に優しい宿」の特集ページを開設。同社と連携して施設への誘客を図る。このほかインターネット情報地図サービス「マピオン」を活用した集客事業や、一般消費者対象のキャンペーン事業も引き続き進める。キャンペーンは現在、還暦など記念日を迎えた人を宿泊招待する家族旅行誘発のキャンペーンを行っている。

 野澤部会長は、旅館・ホテルの食中毒対応マニュアルの作成、19年度に作成した厨房や浴室の事故防止管理マニュアルの理解度を測る検定サイトのオープンなど、昨年度の関連事業を振り返るとともに、「シルバースター登録施設が全旅連1万8千軒の先駆けとなるよう、集客事業と有益情報の発信を今後も進める」とあいさつ。

 また、この秋にも第2波が予想される新型インフルエンザへの対策も、全旅連の新型インフルエンザ対策本部に参画して万全を期す構えを示した。

 議事終了後は研修会を行い、プラスチック製家庭日用品で「ご飯のこびりつかないマジックしゃもじ」などヒット商品を開発した曙産業(新潟県燕市)の大山治郎会長が「私の経営哲学」と題して講演した。

続投が決まった野澤部会長。施設事故防止管理マニュアルの積極的活用を訴えた
続投が決まった野澤部会長。施設事故防止管理マニュアルの積極的活用を訴えた

関連する記事

星野リゾート トマムは、「氷のアフタヌーンティー」を開催する。 北海道最大級の滞在型スノーリゾート「星野リゾートトマム」は、2020年2月1日~29日の期間に「氷のアフ…

続きを読む

山形県の産業界と行政などの代表者で成る同県産業賞委員会(委員長・吉村美栄子山形県知事)は3日、旧山形県庁の文翔館で令和元年度の同賞贈呈式を行った。今年度は佐藤信幸・古窯ホ…

続きを読む

日本ホテルは7日、東京都江東区の新木場駅(JR東日本、東京メトロ、東京臨海高速鉄道)の駅前徒歩2分の立地に「JR東日本ホテルメッツ東京ベイ新木場」を開業した。材木商の町…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube