全旅、JCBなど4ブランドの手数料引き下げ

  • 2022年10月21日

全旅ペイメントの運用イメージ

旅行事業者向けカード決済サービスの利便性向上へ

 (株)全旅は、旅行事業者向けに展開しているカード決済サービス「メール送信型全旅ペイメント」について、16日からJCB、AMEX、Diners、DISCOVERの4ブランドの決済手数料を引き下げる。クレジットカード決済での同サービス利用をさらに促す方針だ。

 メール送信型全旅ペイメントは、旅行事業者が顧客(旅行者)と対面せずにクレジットカード決済で代金を収受できるサービス。現在の契約数は1835社、昨年度決済額実績は約64億円で、コンビニ決済、ペイジー(銀行)決済にも対応している。

 今回同社はサービス利用者からの要望に応える形で、先の4ブランドでの決済手数料を現行の「2.48%」から「1.98%」へと引き下げる。同社の中森万登・営業推進本部長は「各社との交渉を経て、ようやく手数料を引き下げることができた。キャッシュレス決済が浸透する中、『クレジットカードで支払いたい』という顧客の声も増えている」と経緯や現状を説明。「すでに同サービスでJCB等の決済を導入されている事業者さまは16日から自動的に引き下げとなるが、新規で導入を希望される際には審査等に2カ月ほど要するので、ぜひ早めにご検討、お申し込みいただきたい」と呼び掛ける。

 メール送信型全旅ペイメントへの申し込みはhttps://www.zenryo.co.jp/formail/。JCB等4ブランド決済の追加の申し込みはhttps://www.zenryo.co.jp/jcb/

全旅ペイメントの運用イメージ

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram