全国旅行支援スタート コロナ禍で半減した宿泊市場 需要回復へ

  • 2022年10月17日

観光庁統計に見る宿泊旅行の動向

 国の財政支援による観光需要喚起策「全国旅行支援」のスタートと、水際措置の大幅緩和で、苦境が続いた観光産業に明るい兆しが見え始めた。観光庁の宿泊旅行統計調査によると、全国の宿泊施設における外国人を含む延べ宿泊者数は、2019年に5億9592万人泊だったが、コロナ禍を受けて、20年は3億3165万人泊、21年は3億1777万人泊に減少した。22年3月以降は下げ幅が縮まりつつあるが、10月以降の本格的な需要回復が期待されている。コロナ以降の延べ宿泊者数の推移をデータで振り返る。

 コロナ前の19年の延べ宿泊者数は18年比10.8%増の5億9592万人泊で、ゴールデンウイーク10連休、過去最多の訪日外国人旅行者数などを背景に、現行の調査手法になった10年以降の最高値を記録した。

ペイウォール会員向け記事です。


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram