全国企業の景気DI、7カ月連続で悪化

  • 2008年11月1日

 帝国データバンクの景気動向調査によると、今年9月の全国企業の景気DI(0〜100、50が判断の分かれ目)は29.3で、前月比1.0ポイント減少した。7カ月連続の悪化で、03年5月の28.5以来、5年4カ月ぶりに30ポイントを下回る低水準になった。米国発金融危機の増幅、外需の減速で、今まで景気をけん引してきた東海など都市圏の悪化に歯止めがかからない状況だ。

 調査は全国企業2万835社に行った。有効回答企業は1万708社で、回答率51.4%。

 業界別にみると、製造が30.9で、前月比1.5ポイント悪化した。国内の景気回復をけん引してきたが、外需の減速や原材料価格の高騰、設備投資の減速により、03年5月の29.8以来、5年4カ月ぶりの低水準になった。

 不動産は24.7で、同0.5ポイント悪化した。米国発金融危機が世界経済に影響を及ぼす中、信用収縮が加速。過去最低を更新した。

 地域別では、10地域中、中国、九州を除く8地域で前月比悪化した。特に東海(29.7)は同2.0ポイント減となり、10地域中で悪化幅が最も大きかった。「調査開始以来、初めて上位3位圏外の5位となり、景気のけん引役から脱落した」(帝国データバンク)。

 また近畿が同0.9ポイント減の30.3、南関東が同1.4ポイント減の30.6となり、景気回復をけん引してきた都市圏の悪化に歯止めがかからない状況となっている。

 中国が同0.5ポイント増の30.9となり、全国首位となった。最低水準の北海道との格差は8.3ポイントで、前月から0.7ポイント減少。5カ月連続で縮小した。

 企業の規模別では、大企業は同1.4ポイント減の33.1。中小企業は同0.9ポイント減の28.2。ともに7カ月連続で悪化した。大企業の悪化幅が中小企業の悪化幅を上回ったことで、規模間格差は前月比0.5ポイント減と、3カ月連続で縮小した。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram