全国の民泊届け出住宅数、8月時点で1万8111件

  • 2019年9月18日

 住宅宿泊事業法(民泊新法)に基づく全国の届け出住宅数は、観光庁の8月15日時点の集計で1万8111件となった。1カ月前の7月16日時点に比べて768件の増加。民泊事務を取り扱う自治体別での上位は、大阪市の2640件、札幌市の2009件、新宿区(東京都)の1188件などだった。

 大阪市、札幌市、新宿区に続いて届け出住宅数が多い自治体は、(4)福岡県999件(5)沖縄県873件(6)豊島区(東京都)832件(7)渋谷区(同)677件(8)京都市614件(9)台東区(同)613件(10)北海道520件―など。

 届け出住宅数は、届け出件数から事業廃止件数を引いた数で、8月15日時点の届け出件数の累計は1万9436件、事業廃止件数は1325件となった。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram