全てが「超下降」に 法人企業景気予測調査4~6月期

  • 2020年7月2日

 内閣府と財務省はこのほど、法人企業景気予測調査の4~6月期分を公表した。同期の自社の景況判断BSIは、大企業、中堅企業、中小企業ともに「下降超」となった。大企業は今年10~12月期に上昇超に転じ、中堅企業と中小企業は下降超で推移する見通し。

 景況判断BSIは、自社の景況が前の四半期と比べて上昇と回答した企業割合から下降と回答した企業割合を引いた値。

 4~6月期は、大企業が前期比37.5ポイント減のマイナス47.6、中堅企業が同41.0ポイント減のマイナス54.1、中小企業が同35.8ポイント減のマイナス61.1と、いずれも下降超。

 7~9月期の見通しは、大企業が今期比41.0ポイント増のマイナス6.6、中堅企業が同36.8ポイント増のマイナス17.3、中小企業が同33.9ポイント増のマイナス27.2と、いずれも下降超にとどまる見通し。

 10~12月期は、大企業が2.3で上昇超に転じ、中堅企業がマイナス2.3、中小企業がマイナス12.2と、いずれも下降超にとどまる見通し。

 今年度における設備投資のスタンスを見ると、大企業、中堅企業、中小企業のいずれも「維持更新」が1位。大企業の2位が「省力化合理化」、3位が「生産(販売)能力の拡大」。中堅企業の2位が「省力化合理化」、3位が「製(商)品・サービスの質的向上」。中小企業の2位が「生産(販売)能力の拡大」、3位が「製(商)品・サービスの質的向上」。

 今年度における資金調達方法を見ると、大企業の1位が「民間金融機関」、2位が「内部資金」、3位が「リース」。中堅企業の1位が「内部資金」、2位が「民間金融機関」、3位が「公的機関」。中小企業の1位が「民間金融機関」、2位が「内部資金」、3位が「公的機関」。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram