免税店、電子化移行済み64%

  • 2021年11月6日

訪日再開までに対応の店舗も

 外国人旅行者向けの消費税免税店の免税販売手続きが10月1日に完全電子化された。書面による購入記録表の作成などの手続きを廃止し、旅券の読み取り機器などを使い、購入記録情報のデータをインターネットで国税庁に送信する手法に変更。全国には約5万5千店の免税店があるが、観光庁が国税庁に確認したところ、8月末時点で電子化に対応済みの店舗は約64%となっている。

 電子化への移行は昨年4月に始まり、併用期間を経て完全電子化。未対応店舗では免税販売できないが、移行が遅れても、免税店の許可が取り消されるわけではない。未対応の店舗は、インバウンドがコロナ禍から回復した際に対応したいとの意向が多いという。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら