会員拡大の方針示す JTB旅行スタンプ常務理事会

  • 2020年2月29日

河合会長

 JTB旅行スタンプ加盟店連盟(河合徹会長=岐阜県・大滝鍾乳洞レスト部)は17日、東京都内で常務理事会を開いた。組織の活性化へ、会員を観光施設、運輸機関など土産店以外に広げる方針を既に決めており、その進ちょく状況を報告したほか、連盟の基幹事業「日本おみやげアカデミーグランプリ」「みやげ塾」の新たな運営方針も報告した。

 連盟会員はJTBと契約する旅館・ホテル以外の入場観光施設、アクティビティー、運輸機関などにも対象を拡大する方針。まず、全国7支部の規約を改定した上で、連盟本部の規約を改定する。既に北海道、東北、東日本の3支部から支部規約の改定案が上がっている。今後は支部が主体となり、会員の近隣の施設などに入会を勧誘する。

 優れた土産品を表彰する日本おみやげアカデミーグランプリは、従来の表彰方式から、商品開発のプロセスを発表する場に内容を変更する予定。担当する日本おみやげアカデミーグランプリ運営委員会は、「アカデミー委員会」に名称を変更する。

 会員店舗の若手経営者、社員らの育成塾「みやげ塾」は、会場のJTB研修施設「フォレスタ」が耐震工事で使用できないことから今年度は開催しない。講義内容を再検討し、来年度から新たな形でスタートさせる。

 河合会長は新型コロナウイルスによる土産業界への影響に触れ、「われわれ業界は未曽有の災害をいくつも乗り越えてきた。収束を信じて今まで通り仕事をする」と述べた。

河合会長

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram