休暇村気仙沼大島、「気仙沼漁師カレンダー2022」付き宿泊プランを発売

  • 2021年11月30日

 休暇村気仙沼大島は22日、「気仙沼漁師カレンダー2022」付き宿泊プランを発売したと発表した。

宮城県の北東端、気仙沼市に位置するリゾートホテル「休暇村気仙沼大島」(所在地:宮城県気仙沼市外畑16、支配人:高田靖)は、「気仙沼漁師カレンダー2022」が付いた宿泊プランを販売。毎年好評の漁師カレンダーで、2022年は気仙沼の話、漁師の話も加え、ムービーカメラマンでも活躍の市橋織絵さんがシャッターを切り、気仙沼の人々の魅力をとらえたカレンダーに仕上がりました。休暇村気仙沼大島では、このカレンダーを「新型コロナウイルスワクチン接種応援プラン」でご宿泊の方を対象に、1件につき1部をプレゼントします。

 

気仙沼漁師カレンダー2022 表紙気仙沼漁師カレンダー2022 表紙

気仙沼漁師カレンダー
海で活躍する気仙沼の漁師たちにスポットを当て、その勇敢に働く姿を毎年素晴らしい写真家が撮影してきた「気仙沼漁師カレンダー」。2014年度版から2021年度版まで「全国カレンダー展」において「経済産業⼤⾂賞」などの様々な賞を受賞しています。気仙沼を⽀える漁師や気仙沼の⼈々の魅⼒が詰まった⼀枚⼀枚の写真をきっかけに、漁師の担い⼿や気仙沼に⾜を運んでいただくきっかけになればと願いを込めて、宮城県気仙沼市を⼥性⽬線で発信する「気仙沼つばき会」が企画しました。

1月 笑顔の引力1月 笑顔の引力

3月 メカブで金メダル 3月 メカブで金メダル 

 

5月 親父より獲りてぇっす5月 親父より獲りてぇっす

◆気仙沼つばき会
気仙沼の観光資源の価値を女性目線で見立てつつ、「気仙沼漁師カレンダー」「出船おくり」など、積極的に地域の内外と連携した企画を推進しています。このカレンダーは、海で生きる男たちにスポットを当て、そのかっこよさを全国の方にも知って頂きたい一心で作成しました。

出船おくり出船おくり

気仙沼つばき会 気仙沼漁師カレンダー(1部1,870円税、送料込)http://ryoushi-calendar.com/

休暇村気仙沼大島 新型コロナウイルスワクチン接種応援宿泊プラン

港町御膳港町御膳

 休暇村気仙沼大島では、新型コロナウイルスの1日も早い終息を願い、ワクチン接種を終えたお客様にむけたプランをご用意しました。特典として気仙沼の漁師にスポットを当てた人気の「気仙沼漁師カレンダー2022」を1件につき1部をプレゼントします。

期 間:2022年1月31日(月)まで ※12/29~1/3の宿泊を除く
料 金:平日2名1室利用 大人1名 11,000円(税込)~

休暇気仙沼大島
2019年に気仙沼大島大橋が、2021年には気仙沼湾横断橋が開通し、よりアクセスが便利になった、東北最大の有人島、気仙沼大島に立つリゾートホテルです。2020年にリニューアルオープンし、快適に「浜焼き」が食べられるレストランや暖炉を囲む中庭、のんびりお茶を飲みながら過ごすブックラウンジ、快適なプレミアム和洋室にバルコニー付和洋室が誕生しました。自然を満喫できるハイキング、サイクリングやマリンスポーツなどアクティビティも充実しています。

休暇村気仙沼大島 外観休暇村気仙沼大島 外観

ベランダのある洋室ベランダのある洋室

中庭 Kesema灯中庭 Kesema灯

 

ブックラウンジ shiosai   ブックラウンジ shiosai   

所在地:〒988-0603 宮城県気仙沼市外畑16
支配人:高田 靖
URL:https//www.qkamura.or.jp/kesen/

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら