休憩地空白区間に道の駅を活用 高速道で社会実験拡大

  • 2022年5月1日

 国の高速道路には、サービスエリア、パーキングエリアなどの間隔がおおむね25キロ以上離れている休憩施設の空白区間が約100区間存在する。国土交通省は、空白区間の解消を目指し、高速道路から付近の道の駅への一時退出を可能とする社会実験を2017年から実施している。近く社会実験の対象に福島県、新潟県などの道の駅6カ所を追加する。対象の道の駅は22県の29カ所に増える。

 社会実験はETC2.0搭載車が対象。高速道路を降りて道の駅に立ち寄った後、一定時間内に再進入した場合は降りずに利用した時と同じ料金とする。現在の一時退出可能時間は3時間だが、7月1日からは2時間に変更して検証を進める。

 追加する道の駅は次の通り。

ペイウォール会員向け記事です。

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram