仙台うみの杜水族館、ホタルの特別展示「ホタルの杜」を28日まで開催

  • 2020年6月17日

 仙台うみの杜水族館では、ホタルの特別展示「ホタルの杜」を28日まで開催している。

海と人、水と人との、新しいつながりを「うみだす」水族館『仙台うみの杜水族館』では、2020年6月13日(土)~6月28日(日)の期間、ホタルの特別展示「ホタルの杜」を開催いたします。

  • ホタルの杜

特別展示「ホタルの杜」は、照明を落とした展示水槽内をのぞき穴から観察できる展示で、ほのかに光る美しいホタルの姿をご鑑賞いただけます。展示するホタルは、当館で繁殖したゲンジボタルとヘイケボタルの2種類で、常時20~30匹展示いたします。また、ホタルの幼虫と、幼虫が主食とするカワニナの生体展示や、生態解説・繁殖の取り組みのパネル展示も行います。

※展示イメージ※展示イメージ

【ゲンジボタル】
体長約15mm。日本固有種で一般的なホタル。水がきれいな川などに生息し、幼虫はエサとなるカワニナを捕食して成長します。

【ヘイケボタル】
ゲンジボタルよりもやや小型のホタル。水田や湿地などにも生息し、幼虫は雑食性でカワニナ以外の水生生物も捕食します。 

【特別展示 ホタルの杜】
期 間 : 6月13日(土)~6月28日(日)
場 所 : 1階 親潮ギャラリー

 

旧マリンピア松島水族館から続くホタル展示の取り組み
2015年5月に閉館した「マリンピア松島水族館」では、2012年から2014年まで毎年ホタル展示を実施していました。これは、当時の飼育スタッフが泉ヶ岳で見たホタルの風景に感動し、お客さまへ伝えたいという想いから始めたものでした。
ホタル展示は、自然界から成虫を採集して展示するわけではなく、幼虫から飼育していく必要があるため、容易ではありません。2012年は採集個体を15日間展示することができましたが、繁殖個体を成虫に成長させることはできませんでした。

【画像:マリンピア松島水族館ホタル展示の様子(2013年) 【画像:マリンピア松島水族館ホタル展示の様子(2013年)

2013年も繁殖個体を展示させることには至らず、2014年になって初めて繁殖個体を展示することに成功し、約28日間に亘って展示いたしました。「マリンピア松島水族館」閉館後、一度途絶えたホタル展示への取り組みですが、2019年に復活し、仙台うみの杜水族館として今回で2回目の特別展示となります。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら