人手不足対策など議論 旅館協会東北支部連合会が天童温泉で理事会

  • 2022年11月9日

東北支部連合会の理事会(山形県・天童温泉で)

 日本旅館協会東北支部連合会(佐藤勘三郎会長、241会員)は10月27日、山形県・天童温泉のほほえみの宿滝の湯で理事会を開いた。来年度に向けて同連合会が取り組むべき課題を整理。(1)人手不足対策(2)将来にわたり宿泊業が夢のある産業として生き残るための生産性向上、働き方改革(3)観光庁の高付加価値化事業―の三つの課題について議論した。

 人手不足対策について支部連合会長で本部労務委員会担当副会長の佐藤氏は「ポストコロナ時代を支える観光の人材育成をどう考えるか」と問題を提起。「大切なのは迎える企業側の基盤整備であり、経営者自身がDX、能力開発を学ぶことだ」と指摘した。

 本部労務委員会委員長の山口敦史氏は、外国人材の活用について現在の制度、具体的活用方を説明。技能実習と特定技能のメリット、デメリットを具体的に示した。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram