京都市、持続可能な観光でTop100入選

  • 2020年10月25日

 京都市は、持続可能な観光の国際的な認証団体、グリーン・デスティネーションが実施する表彰制度「TOP100選」に選ばれた。市は「持続可能な観光地として、国際的な認知度向上につながることが期待される」と歓迎している。

 グリーン・デスティネーションは世界持続可能観光協議会(GSTC)が開発した国際指標を認証する団体の一つ。

 グリーン・デスティネーションは100項目からなる基準を設けており、TOP100選ではこの項目の中で特に重要な30項目のうちの、文化財の保護など15以上の項目に対する取り組みについて観光地がレポートを提出し、高評価が得られた場合に入選となる。

 市は観光庁の「日本版持続可能な観光ガイドライン」の指標の効果・検証を行うモデル地区に選定されており、モデル地区事業の一環としてTOP100選に応募していた。

 市によると、入選した地域はウェブサイト上に地域の専用ページが作られ、広く発信される。

 今回は北海道ニセコ町、岩手県釜石市、神奈川県の三浦半島、岐阜県白川村、沖縄県も選ばれているという。

 GSTCは07年に発足した国際非営利団体。基準は国連世界観光機関(UNWTO)の指示の下で開発された基準であり、国際連合環境計画(UNEP)などの国際機関、民間企業、NGOなど150以上の団体と連携している。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram