京王電鉄、多摩エリアでMaaS推進

  • 2021年2月2日

 京王電鉄は1月13日、東京多摩エリアでのMaaSのサービス名を「TAMA―GO」とし、実証実験を開始した。重点項目は(1)交通サービスの統合(2)ラストワンマイルの補完(3)生活利便性の向上(4)エリアの魅力発信―の4点。2月28日まで。

 実証実験は、東京都が公募した「令和2年度MaaS社会実装モデル構築に関する実証事業」の採択を受けて実施。実証実験では昨年12月25日開設のスマートフォン専用サイトを活用。電車の乗車券に買い物券や施設利用券などがセットで購入できるデジタルチケットの販売や、購入したデジタルチケットをスマホで表示して係員に見せると駅の改札が可能になるなど、日常生活を快適にするサービスの提供を行う。高尾山など観光スポットにも対応する。

 「相乗り型輸送サービス、経路検索機能、デジタルチケット販売、デジタルマップなどを用意した。地域の魅力を発信し、街の活力を高める」と同社。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram