九州7県、修旅説明会でモデルコース提示

  • 2009年9月5日

東京都内で開かれた

東京都内で開かれた

 九州7県による合同の修学旅行説明会がこのほど、東京のアルカディア市ヶ谷(私学会館)で開かれた。主催は九州観光推進機構。首都圏の中学校、高校の担当教諭、旅行会社の修学旅行担当者らが出席した。推進機構や各県から、環境学習などを盛り込んだエリア別のモデルコースや体験メニュー、最新の観光素材などが紹介された。

 説明会では、同機構の大江英夫事業本部長が「九州の観光振興にとって、修学旅行の誘致は大きな柱の一つだ。環境学習や平和学習などのテーマをアピールしたい」とあいさつした。

 モデルコースの事例として、長崎・佐賀2泊3日のコースでは、平和公園・長崎原爆資料館などでの平和学習に加え、長崎・北松浦半島での農林漁業体験を提案。鹿児島・熊本2泊3日のコースには、熊本・水俣市で水俣病や環境に配慮した都市づくりの学習、鹿児島・維新ふるさと館での幕末〜明治維新の歴史学習などが盛り込まれている。

 中学と高校計2校から修学旅行の事例発表もあった。東京都の板橋区立板橋第二中学校の吉田傳男教諭は、九州を修学旅行地に選ぶ理由として、平和や歴史文化、自然災害、農業漁業など多様なテーマで体験学習が可能な点を指摘し、「生徒だけでなく、保護者からの評判もいい」と話した。

東京都内で開かれた
東京都内で開かれた
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube