九州観光アカデミア、第11回研究会「九州観光の活性化にむけて」を開催

  • 2018年3月18日

学生によるプレゼン

 九州地区の産官学が連携し観光人材育成に取り組んでいる「観光九州アカデミア」(事務局・中村学園大学流通科学部浅岡研究室)は2月24日、第11回研究会「九州観光の活性化に向けて」を中村学園大学(福岡市)で開いた。

 九州運輸局の阿部雄介観光部長は基調講演「九州観光のこれから」で、九州における観光の現状と課題などを解説。時局講演では、中村学園大学短期大学部の渡邉公章教授が「豊岡DMOに見る観光地域づくり」と題して、城崎温泉を抱える兵庫県豊岡市の先進的な事例について報告した。

 同短大食物栄養学科津田晶子ゼミの学生からは、第2回JATA九州支部「学生による企画提案コンテスト」で「審査員特別賞」を受賞した「九州各県をレンタカーで回りながらおいしい麺を食べんね!」のプレゼンテーションが行われた。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram