主要12社6月実績

  • 2009年8月8日

 鉄道旅客協会によると主要旅行会社12社の今年6月の総取扱額は、2185億7670万円で、前年同月比26.8%減だった。内訳は、国内旅行が同14.9%減の1491億1370万円、外人旅行が同19.9%減の36億4906万円と低調。新型インフルエンザの流行などで低調が続く海外旅行は、同45.4%減の638億5893万円と不振だった。

 国内旅行は12社全て前年実績を割り込んだ。阪急交通社(同1.7%減)、農協観光(同8.2%減)は減少幅が1ケタにとどまったが、その他10社は2ケタ減だった。

 海外旅行も全社前年割れした。減少幅が最も小さかったのは西鉄旅行(同29.1%減)。日本旅行、トップツアー、名鉄観光サービス、農協観光は前年実績の5割にも届かなかった。

 外人旅行は、ジェイティービー(同2.0%増)、京王観光(同79.1%増)、阪急交通社(同35.1%増)が前年を超えたほかは低調だった。

 4月からの累計は、総取扱額が、前年同期比21.9%減の6650億9815万円。12社中総累計額が前年を超えているところはない。国内旅行は同15.1%減の4346億8418万円、海外旅行は同33.3%減の2111億4109万円、外人旅行は同20.2%減の135億6176万円。


>>PDFを見る

関連する記事

JR九州は「築城基地航空祭」にあわせ臨時列車52本を運転する。 2019年12月8日(日)に航空自衛隊築城基地(福岡県築上郡築上町)にて開催される、「築城基地航空祭」にあ…

続きを読む

JTBとシャープは5日、モバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を活用した教育旅行プログラム「ロボ旅@教育旅行」の販売を開始した。 株式会社JTB(本社:東京都…

続きを読む

JTBは5日、シャープと協業し、シャープ製のモバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を活用した教育旅行プログラム「ロボ旅@教育旅行」の販売を開始した。修学旅行など…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube