主要旅行業49社12月実績

  • 2017年3月16日

 観光庁が3日に発表した主要旅行業49社の2016年12月の旅行取り扱い状況(速報)は、総取扱額が前年同月比1・7%減の4401億516万円だった。8カ月連続で前年割れした。内訳は、国内旅行が1・4%減の2631億8564万円、海外旅行が2・8%減の1619億657万円、外国人旅行が6・2%増の150億1296万円。

 旅行会社からの聞き取りによると、国内旅行は大雪の影響などにより北海道方面が伸び悩んだ。前年割れした前月から一転して前年実績を上回った外国人旅行は、東アジアや東南アジア方面からの訪日客が好調だった。

 総取扱額が前年実績を超えたのは、49社中17社。旅行分野別では国内旅行が48社中20社、外国人旅行が36社中20社、海外旅行が47社中17社で前年比増となった。

 募集型企画旅行の総取扱額は、前年同月比6・5%減の1221億6228万円だった。内訳は、国内旅行が3・0%減の714億8241万円、外国人旅行が7・7%減の5億447万円、海外旅行が11・1%減の501億7540万円。

 募集型企画旅行の取扱人数は、前年同月比7・2%減の273万708人。このうち国内旅行は7・3%減の245万7570人、外国人旅行は1・7%減の3万4320人、海外旅行は6・9%減の23万8818人だった。

17031103ひょう

関連する記事

手配業 東京72社、大阪56社登録 改正旅行業法が1月4日に施行された。旅行の安全や公正な取引など業務を適正化するため、旅行サービス手配業(ランドオペレーター)に登録制度…

続きを読む

日本旅行は、京急観光の店舗・外販事業の事業譲受契約を締結した。  京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区,社長:原田一之,以下京急電鉄),および100%子会社である京…

続きを読む

KNT―CTホールディングス(HD)は8日、2018年3月期の第3四半期(17年4月1日~12月31日)決算短信を発表した。連結業績は売上高が前年同期比2・6%増の318…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?