主要旅行業12社4月実績

  • 2017年6月15日

 鉄道旅客協会が5月26日に発表した主要旅行業12社の今年4月の旅行取扱額は、前年同月比0・6%減の2505億2942万円だった。内訳は、国内旅行が0・9%減の1600億2791万円、海外旅行が2・7%減の699億1306万円、外国人旅行が8・6%増の184億8901万円、その他が13・8%増の20億9945万円だった。

 総取扱額が前年を上回ったのは、日本旅行、KNT―CTホールディングス、東武トップツアーズ、名鉄観光サービス、西鉄旅行、阪急交通社の6社で、最も伸び率が大きかったのは阪急交通社で前年比5・6%増だった。
 分野別では、国内旅行は日本旅行、KNT―CTホールディングス、名鉄観光サービス、西鉄旅行、阪急交通社の5社が前年比増となった。このうち西鉄旅行と阪急交通社は2桁増。

 海外旅行は7社が前年比増。東武トップツアーズ、名鉄観光サービス、京王観光、農協観光は2桁の伸びだった。外国人旅行は、名鉄観光サービス、京王観光、農協観光を除く9社が前年実績を超えた。このうち日本旅行、東武トップツアーズ、読売旅行、西鉄旅行、日通旅行、ジェイアール東海ツアーズは2桁以上の大幅な伸びとなった。その他分野は6社が前年超えした。

関連する記事

日本旅行は、京急観光の店舗・外販事業の事業譲受契約を締結した。  京浜急行電鉄株式会社(本社:東京都港区,社長:原田一之,以下京急電鉄),および100%子会社である京…

続きを読む

KNT―CTホールディングス(HD)は8日、2018年3月期の第3四半期(17年4月1日~12月31日)決算短信を発表した。連結業績は売上高が前年同期比2・6%増の318…

続きを読む

エボラブルアジア、LCCのエアアジア・ジャパンとシステム(API)連携を開始すると発表した。 One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?