主要旅行業12社3月実績

  • 2017年5月17日

 鉄道旅客協会が4月26日に発表した主要旅行業12社の今年3月の旅行取扱額は、前年同月比0・8%増の2933億8870万円だった。内訳は、国内旅行が4・2%減の1861億3404万円、海外旅行が7・7%増の872億1788万円、外国人旅行が27・0%増の169億377万円、その他が33・2%増の31億3302万円だった。

 総取扱額が前年を上回ったのは、日本旅行、KNT―CTホールディングス、名鉄観光サービス、読売旅行、日通旅行、阪急交通社の6社。分野別では、国内旅行は日本旅行、名鉄観光サービス、阪急交通社の3社が前年比増となった。海外旅行は8社、外国人旅行は8社が前年実績を超えた。

 2016年度の累計を見ると、12社の総取扱額は前年同期比5・1%減の3兆2191億7977万円。総取扱額が前年同期を上回ったのは名鉄観光サービスのみ。

 分野別で見ると、国内旅行は6・5%減の2兆1070億1974万円、海外旅行が5・1%減の9323億661万円、外国人旅行が15・7%増の1566億2084万円、その他が10・0%増の232億3258万円。国内旅行で前年を上回ったのは名鉄観光サービスと日通旅行。海外旅行は2社、外国人旅行は11社。

関連する記事

近畿日本ツーリスト×小豆島×女性向けファッション雑誌「S Cawaii!」コラボ企画「女子旅するなら小豆(しょうど)島(しま)へ!~photogenic travelli…

続きを読む

JTBが発表した2018年の旅行市場の見通しによると、国内旅行は景況感の改善や休暇取得の促進効果も影響し、前年比1・8%増の3億1120万人となる見込みだ。平均消費額は、…

続きを読む

ANA海外旅行予約サイトは、トリップアドバイザーとの提携で口コミ情報の掲載を始めた。 「TripAdvisor®」の日本法人であるトリップアドバイザー株式会社(本社:東京…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒