中高一貫校の修旅 全修協、「研究大会」で事例発表

  • 2019年8月15日

仙田氏の講演

 全国修学旅行研究協会(全修協、岩瀨正司理事長)は7月26日、東京の学士会館で第36回「全国修学旅行研究大会」(観光経済新聞社など後援)を開いた。「中高一貫6年間を見通した修学旅行」をテーマに品川女子学院中等部高等部(東京都)の仙田直人校長、「これからの修学旅行の在り方」をテーマに文化庁の坪田知広参事官(前文部科学省児童生徒課長)が講演した。

 仙田校長は「能動的に人生を設計できる力を養う」カリキュラムの一環で、自然体験や海外での修学旅行、起業体験プログラムを実践している自校の事例を紹介。中学校から高校まで段階に応じて系統的な学習を行ったり、中学3年次と高校1年次の間の春休み期間も学習に利用したりするなど、中高一貫の学校ならではの利点を強調した。


仙田氏の講演

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube