中小企業業況DI、1~3月期は1.7ポイント増

  • 2017年4月14日

 中小企業庁はこのほど、中小企業景況調査の今年1~3月期分を公表した。同期の中小企業の業況判断DI(前期比で好転とする企業割合から悪化とする企業割合を引いた値、季節調整値)はマイナス17・0で、前期比1・7ポイント上昇した。業種別では、宿泊業がマイナス18・3で、同0・5ポイント上昇した。全業種、宿泊業ともに2期ぶりの上昇となった。

 企業の規模別では、中規模がマイナス9・2で、同3・2ポイント上昇。小規模がマイナス19・2で、同1・1ポイント上昇。

 都道府県別では、32道府県が前期比上昇。15都県が同低下した。上昇幅が最も大きいのは宮城県の同6・9ポイント上昇。低下幅が大きいのは高知県の同10・5ポイント低下。

 DI値が最も高いのは沖縄県のマイナス0・4。低いのは岐阜県のマイナス27・5。

 サービス業からの主なコメントは次の通り。

 「インバウンド増に伴い、地方にも波及するといった宿泊好影響を感じる一方、商圏内の人口減、企業減に伴い宴会需要、パイの減少を感じる」(宿泊業、山口)。

 「今年は雪害のため仕事は普段より忙しかった。油断をせず人材の確保、顧客獲得のため努力していきたい」(対個人サービス業、秋田)。

 「12月は忘年会、新年会等で期待していたが、雪の影響もあり、キャンセルもあり、若干売り上げが減少している」(飲食業、鳥取)。

関連する記事

サービス産業の売上高 10速報総務省調査 総務省はこのほど、サービス産業動向調査の昨年10月分速報を公表した。同月の宿泊業(旅館・ホテル、簡易宿所、下宿業)の売上高は47…

続きを読む

SHIは、マンション型ホテル「レジデンスホテル博多」等の12月の稼働率と10月の公表データを発表した。 株式会社SHI(旧シェアリングホテル株式会社)(本社:福岡県福岡市…

続きを読む

ビースポークは、訪日外国人向けAIコンシェルジュ「Bebot」を羽田空港のレンタカー向けサービスで提供開始した。 株式会社ビースポーク (本社:東京都港区、代表取締役: …

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒