中央日本総合観光機構、ナビタイムと協定

  • 2022年5月13日

調印式で協定書を手にする水野(右)、大西両氏

魅力ある観光地域づくりへ

 中央日本総合観光機構(水野明久代表理事=中部経済連合会会長)は4月19日、ナビゲーションサイト・アプリを運営、開発するナビタイムジャパン(本社・東京、大西啓介社長)と「魅力ある観光地域づくり」に向けた連携協定を締結した。同機構がマネジメント区域とする中部北陸9県エリアの観光活性化と、エリア内で培った手法を全国に波及させることを目指す。

 共同で取り組む領域として、「デジタルマーケティングを活用した観光客誘客および周遊促進」「地域課題の解決および受け入れ環境整備に向けたデータ分析基盤の構築とその活用」など5項目を掲げた。

 具体的には、エリア内自治体の各種データの見える化と、その分析機能を実装し、自治体などの最適な施策立案、意思決定をサポートする「データ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)」と、エリア内の観光スポット、宿泊施設、体験コンテンツを結ぶ旅程の作成に加え、施設やコンテンツの予約、決済をワンストップで行える旅行者向けの「コンテンツ・パッケージ・プラットフォーム(CPP)」を共同で構築する。

調印式で協定書を手にする水野(右)、大西両氏

 

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram