中国サイト途家、大津市の観光活性化で市・NECネッツアイと協定

  • 2019年1月28日

(左から)越市長、李CBO、木崎執行役員(締結式で)

 中国最大のオンライン旅行会社、シートリップ(Ctrip)グループの民泊仲介サイト「途家」(トゥージャー)はこのほど、滋賀県大津市、情報通信サービスなどを手掛けるNECネッツエスアイ(東京都文京区)と観光連携協定を締結した。消費単価の高い顧客を持つ途家のサイトなどを通じて大津市の宿泊や観光に関する情報などを中国国内に発信するほか、新たな観光サービスの開発に取り組む。

 協定に基づく具体的な取り組みは、中国国内への情報発信のほか、(1)宿泊施設、観光関係サービスの発掘(2)中国のハイエンド消費者向けの着地型観光商品の開発(3)着地型観光商品のデータ分析・活用(4)観光関連データを活用したマーケティング・リサーチ―など。

 2018年12月14日に大津市役所で行われた協定の締結式には、途家の李珍妮CBO(最高業務責任者)、大津市の越直美市長、NECネッツエスアイの木崎雅満執行役員が出席し、連携を通じた観光誘客の拡大、地域経済の活性化に意欲を示した。

 李CBOは「大津市は人気のデスティネーションの京都からアクセスが良く、観光素材は十分に魅力がある。癒やしを求める中国の大都会からの旅行者にお勧め。途家の中国でのデスティネーション開発の経験と、ビッグデータを活用して大津市の魅力を訴求する」と述べた。

 途家では、フォロワー50万人以上を持つSNSインフルエンサーを招請して大津市の観光魅力を取材してもらったほか、今後は桜のシーズンに向けたウェブサイトやSNSの情報発信にも取り組む。

 大津市の越市長は「今回の取り組みは中国のハイエンド消費者がターゲット。NECネッツエスアイと共に最新テクノロジーを取り入れた観光開発に取り組み、より多くの外国人に大津を訪れてもらう」と語った。

 宿泊施設向けネットワークシステム、観光プラットフォームの基盤構築などのインバウンド向けサービスなども提供しているNECネッツエスアイの木崎執行役員は「安心、安全なITを使い、便利なコミュニケーションをデザインしたい」と述べ、3社の連携による情報発信やコンテンツ開発に注力する考えを示した。

 途家は、18年10月に新潟県魚沼市とも観光連携協定を締結。観光魅力のPR、体験型観光商品の開発、データを活用したマーケティングなどに取り組んでいる。


(左から)越市長、李CBO、木崎執行役員(締結式で)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram