世界施設遺産の3用水を登録 

  • 2022年11月3日

泉佐野市の井川用水(農水省HPから)

農林水産省によると、国際かんがい排水委員会(ICID)は10月6日、オーストラリア・アデレードで開いた国際執行理事会で、ICID日本国内委員会が申請した3施設を「世界かんがい施設遺産」として登録した。

 登録されたのは、静岡県沼津市の香貫(かぬき)用水、同磐田市の寺谷(てらだに)用水、大阪府泉佐野市の井川(ゆかわ)用水。

 このうち、寺谷用水は全長約12キロの水路で、1590年完成。徳川家康の命を受け、伊奈忠次が企画し、平根重忠が工事を指揮。天竜川の水を引き込み、約2千ヘクタールの水田耕地を潤した。今も市内の水田など約1500ヘクタールに水を供給している。

 世界かんがい施設遺産は78カ国・地域が加盟するICID(本部=インド・ニューデリー)が認定。2021年までに17カ国123施設が登録されている。

 日本国内の登録件数は21年現在44施設で最も多い。2位は中国の26、3位はインドの10。

 建設から100年以上経過し、歴史的価値の高い利水施設を登録する。具体的には、(1)かんがいが主目的のダム(2)ため池などの貯水施設(3)水路(4)古い水車―など。地域づくりへの活用などが期待される。


泉佐野市の井川用水(農水省HPから)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram