下呂温泉観光協会、SDGs事業に認定 

  • 2020年10月16日

認定証を披露する瀧会長

 岐阜県下呂市の下呂温泉観光協会(瀧康洋会長)はこのほど、日本SDGs協会から「SDGs事業認定」を受けた。協会の事業が環境、経済、社会の三つの側面から、国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)の達成に寄与すると認められた。

 環境面では、市内の多様な自然や文化資源を保全、活用することによる、持続性のある観光まちづくりの推進。具体的には(1)モニタリング事業(2)温泉資源保全事業(3)飛騨川クリーン大作戦(清掃活動)(4)花木の植栽と定期的な管理―を実施。

 経済面ではエコツアー、体験プログラムの開発による宿泊滞在型エコツーリズムの確立。(1)ガイド養成事業(2)出前学習事業(3)宝探し調査・フェノロジーカレンダーの作成事業(4)ワンコイントリップ事業(地域住民参画)(5)コミュニティスクール(地域イベントの下呂小中生徒の参画)―の各事業に取り組んでいる。

 社会面ではガイド人材の育成やホスピタリティの醸成。(1)2次交通の整備(エコツアー事業者等の一般乗用旅客自動車運送の活用)(2)エコツアープログラムの開発(3)キャッシュレス化導入事業(4)電動アシスト自転車レンタル事業―に取り組む。

 瀧会長は「宣言するだけでなく、(第三者からの)認定を取得できた意味が大きい」と話している。

 認定期間は1年。更新には、認定された事業について進捗(しんちょく)レポートの提出が必要となる。


認定証を披露する瀧会長

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram